賢く利用する

様々な理由で自分で伐採できない場合は

山林に土地を持っていらっしゃる方は自分でチェンソーを使い伐採を行ってる方も少なくないのではないでしょうか。 山に沢山の土地を持ってる場合は定期的に伐採を行わないと土地が荒れ果ててしまいますので樹木がある程度の生長をみせたら剪定などをしないと見苦しいことになりますので大変です。 年を取って以前のように自分で伐採するのが困難になった場合は伐採を代行して行ってくれる業者に依頼するといいでしょう。 場数を踏んだ伐採作業なら体が多少無理が利かなくなってもどうにか対処できますが、高い位置にも上らないといけない剪定は命の危険もあるのでお勧めできません。 大切な家族を悲しませない為にも、山中に広い土地を持っている方は無理をせず専門の業者に代行してもらいましょう。

住宅街の場合で業者の力が必要になった場合

住宅街で伐採が必要になった場合は、山中の土地の伐採を代行して行ってもらうよりも基本的にお手軽な価格になることが多いです。 住宅街で伐採が必要になる事態といえば、十数年経って成長した樹木がお隣の敷地内に飛び出してしまったり、もしくは自宅の屋根に異常に接近してしまった場合などではないでしょうか。 この場合の値段は切断する樹木の高さや重機などを使うかによって大きく変化してきます。 作業場が住宅街になるわけですから、当然作業のリスクは跳ね上がりますので危険手当的な感覚で費用を上乗せしてくる業者も存在します。 伐採を依頼できる業者の中には出張して無料見積もりを行ってくれる業者も存在するので、これらのサービスを事前に利用すると良いでしょう。